天然うなぎの旬は秋から冬にかけて!10月から12月頃が一番身に脂がのっていて美味しい!

天然うなぎの旬は秋から冬にかけて!

土用の丑の日

うなぎといえば、誰もが「土用の丑の日」を思い起こすように、
今ではうなぎはすっかり夏の食べ物として定着してしまいました。

しかし、そもそも何でうなぎを夏の土用丑の日に食べるようになったのでしょうか?


土用の丑の日と、うなぎの関係。


うなぎの旬を、夏だと考えてしまう理由は「土用の丑の日」にあります。
この「土用の丑の日」にうなぎを食べる風習ができたのは、江戸時代末期とされています。

幕末の学者、平賀源内が夏場に売れないうなぎをどうにか売ろうとして
「土用の丑の日にうなぎを食べれば、夏バテしない」という意を込めた

販売戦略を実施したところ、瞬く間に、うなぎが売れていったそうです。

”う”しの日に、”う”なぎを食べるということは、語呂合わせも良く
文化として急速に浸透していき、その習慣が現在に受け継がれています。



天然うなぎの本当の「旬」


天然うなぎ

天然うなぎの旬というのは一体いつなのでしょうか。

それは、うなぎが寒い時期を乗り越えようと栄養をたくさん蓄える冬です。
天然のうなぎは、5月ごろから漁が解禁され、12月ごろにシーズンが終わります。

10月頃から水温が下がり始めるのに合わせて、冬眠するうなぎが
冬を越えるために、たくさん栄養をため込む10月以降に獲れる
うなぎが、天然うなぎの旬とされています。

また、5年から12年かけて成長したうなぎが産卵のために、
川を下る「下りうなぎ」も非常に美味しいと言われています。

しかし、近年は天然うなぎの漁獲量は減少しています。


2013年には環境省のレッドリスト:絶滅危惧種にも指定されているため、
天然うなぎが食べられるのは、もしかしたらあと数年かもしれません。

天然うなぎにこだわりがあるという方は、お早めに美味しく頂くことをおすすめします。



養殖うなぎは一年中美味しく食べられる!


rapture_20190927121956.jpg

養殖うなぎに旬なく、しっかりと管理された環境で育つ養殖うなぎは、
身に脂がのっていて年間を通して美味しく召し上がれます。

土用の丑の日の出荷に合わせて養殖されるため、うなぎの「旬」は
夏と思われがちですが、養殖物は一年中美味しく頂けます。

将来的に、天然うなぎは禁漁指定される見込みであることから、
ますます養殖うなぎの技術は進歩していくことでしょう。



まとめ

うなぎの本当の「旬」、知っていただけましたか?

天然うなぎは10月以降に獲れるものが非常に身に
脂がのっていて美味しいと言われています。

うなぎの養殖場では、消費者のニーズに合わせ、
夏にピークを迎えるような育て方をしていますが、

養殖うなぎには旬はなく、今では年間を通して
いつでも美味しいうなぎを食べることができます。

体が疲れた時や体力が欲しい季節には、
是非、うなぎを食べて元気になりましょう!




☆関連記事☆