うなぎの旬は何月かご存知?うなぎの本当の旬を知って美味しく頂こう!

うなぎの旬は何月かご存知?

rapture_20190927123007.jpg

土用の丑の日に鰻を食べることがすっかり定着していますが、
結論から言ってしまいますと、うなぎの本当の旬は夏ではありません。

天然うなぎの場合は、冬眠に入る前の秋から冬にかけての10月から12月頃が
美味しいと言われています。

ここでは、天然うなぎと養殖うなぎの旬について詳しく見ていきたいと思います。



天然と養殖では旬が違う


rapture_20190927123155.jpg

天然うなぎは、5月頃から漁が始まり冬眠に入る12月には漁が終了します。
秋から冬にかけての時期が天然うなぎの旬と言われています。

天然うなぎは水温が下がり始める10月頃からは冬眠に備えて体内に栄養を
蓄えるのでその時期が身に脂がのっていて非常に美味しいです。

また、川や湖で数年かけて成長し、産卵のために川を下り出す「下りうなぎ」も
非常に美味しいとされています。

旬の天然うなぎは脂が乗り、川魚特有のさわやかな香りがあり、
身があっさりしていて脂が邪魔をしません。

天然うなぎは養殖物と比べて運動量が多いので、身に適度な弾力があり、
小骨もやわらかくて気になりません。

ただ、取れる場所の河川によってうなぎの味は微妙に変わるといわれ、
大きさは成長年数によって個体差が大きいのが特徴です。



うなぎの旬は夏ではなかった!


rapture_20190927124003.jpg

天然うなぎは、夏はまだ身に脂が乗っておらず美味しくありません。

うなぎの旬は夏と思われている理由として、江戸時代までは夏は暑さで
人の食欲が落ちるので、夏場は鰻の売り上げが落ちていました。

うなぎ屋から相談を受けた平賀源内が、「本日、土用の丑の日」と書いて
張り紙をしたところ、そのうなぎ屋は大繁盛したそうです。

うなぎの旬は夏ではありませんが、うなぎはスタミナ食として知られ、
夏に食べるのは理にかなっています。


天然うなぎは冬眠中はまったく餌を食べません。

冬眠から目覚めて5月頃から活動を始めますが、その頃は体はまだやせ細っており、
あまり美味しくはありません。

8月頃から体内に栄養を蓄えてしだいに太り始め、再び冬眠を迎える前の
11月から12月ころに脂が乗るピークを迎え、この頃が非常に美味しいと
言われています。

たっぷりと脂が乗ったこの時期が、天然うなぎの旬の時期と言えます。


養殖うなぎの旬はいつ?


養殖うなぎ

うなぎは深海で誕生して、少しずつ大きくなり、やがて体長5cm程度の
シラスウナギに成長します。これを捕獲して大人になるまで育てたのが養殖うなぎです。

温度管理が徹底された場所で、食べ頃になる時期を調整しながら養殖されるうなぎは、
基本的に一年中おいしいうなぎを食べることができます。

つまり、養殖うなぎに旬はありません。




天然うなぎは将来食べられなくなるかも?


土用の丑の日

天然うなぎは、現在は市場の数%しか獲れません。
しかも個体差が大きく、非常に高価です。

養殖技術の発達で、一年中安定して、天然物より安価で美味しいうなぎを味わうことが
できるようになりましたが、それでも完全養殖は研究レベルで数年前に成功のみで、
まだ商業レベルでは実用化されていません。

うなぎの稚魚の漁獲量は年々減少の一途をたどり、絶滅が危惧されています。
天然うなぎは将来もしかしたら食べられなくなるかもしれません。



☆関連記事☆