鰻(うなぎ)のカロリーを計算してみました【意外とヘルシー♪】

鰻(うなぎ)のカロリーを計算してみました


rapture_20191008082919.jpg

夏のスタミナ食としてよく食べられるうなぎですが「カロリー高い!」「脂質が多い!」
というイメージがありますが、でもそれは大きな間違いで、

うなぎは見た目やイメージと比べて、他の食べ物と比較してもそれほどカロリーは高くないのです。


うな重 - カロリー計算


うな重の1人前あたりカロリーは約922kcal。

うな重は重箱に盛ったご飯の上に、甘辛のタレをたっぷり付けたうなぎの蒲焼をのせたもの。
たんぱく質やビタミン・ミネラルが豊富で、炭水化物と脂質の割合や栄養価が非常に高い食べ物です。

うな重の食べるときには、山椒(さんしょう)をかけて食べるのが一般的となっているようです。

うな重の「重」は、うな丼の丼と同様に器の名前から来たものだそうですが、
うなぎが重なった状態を指すものとして、うなぎ2尾入りのものに限って
「うな重」と称する地域もあるようです。

うなぎの食べ方は他にも「ひつまぶし」のように、一度に数パターンの食べ方を
楽しめる食べ方もオススメです!


うなぎの蒲焼 - カロリー計算


うなぎの蒲焼きの一人前あたりのカロリーは、約440kcal。100gあたり293kcal。
砂糖や醤油などを混ぜて煮つめた甘辛いタレを、炭火で焼いたうなぎに絡めたものです。

比較される食べ物で穴子(あなご)の蒲焼きというものもありますが、うなぎの蒲焼きは
穴子より栄養価・カロリーともに高いです。

うなぎの蒲焼きは土用の丑の日に食べられる定番の食べ物で、
脂質とタンパク質の割合が多く非常に栄養価の高い食べ物として知られています。


うなぎは低カロリーなんです!


rapture_20191008083301.jpg
うなぎは白焼きもオススメ!わさび醤油や塩をつけて食べると最高です

うなぎの大きさにもよりますが、通常の串を打った蒲焼き1串が100gとすると、約293 kcal。

例えば和牛サーロインステーキが100gで498 kcal、とんかつ100gが344kcalと比較すると、
うなぎはカロリーはそれほど高くはないのです。

丼物と比較すると、カツ丼が900 kcal、中華丼が740 kcal、牛丼は710kcal、ネギトロ丼が720 kcal、
親子丼が663kcalで、うな丼が650 kcalなので、以外に低カロリーなのです。

うなぎは高タンパクでビタミンやミネラルも豊富ですし、適度な脂質もあるので
食べても満足感があります。

栄養素が偏りがちで、パワーが落ちてしまう夏場には是非食べて頂きたい栄養食でもあります。



☆関連記事☆