うなぎは白焼きの方がカロリーが低い?【その答えは調理法にありました】

うなぎは蒲焼きより白焼きの方がカロリーが低い?


rapture_20191008093454.jpg

うなぎと言えば、良くスーパーやデパートにおいてある蒲焼きをイメージしますが、
タレを付けないで焼く、白焼きというのもあります。

見た目、タレがたっぷりついた蒲焼きのほうがカロリーが高く感じますが、
実際のところどうなんでしょう?


うなぎの蒲焼き・うなぎの白焼きのカロリー


・うなぎの蒲焼き 293Kcal(約100g)

・うなぎの白焼き 331kcal(約100g)

何もついていない白焼きの方が実はカロリーが高かったのです。
それはなぜかというと、その答えは調理法にありました。

うなぎの蒲焼は、白焼きをもう一度焼いてからタレにつけています。
なので、その分白焼きよりも脂が落ちてカロリーも若干低くなるのです。

見た目からカロリーが低そうな、うなぎの白焼きを選択する方がいますが、
それは間違いで、実はカロリーの高い方を選択していることになります。


まとめ


うなぎのカロリーや栄養素

うなぎの白焼きのカロリーは100gあたり331kcalと、うなぎの蒲焼き100g(293Kcal)
よりも実は高かったのです。

開いたウナギに串打ちして火で炙るのがうなぎの白焼きの作り方ですが、
うなぎの白焼きに甘辛だれを塗ると、うなぎの蒲焼きができます。

うなぎの蒲焼は、白焼きをもう一度焼いてからタレにつけてるので、
その分白焼きよりも脂が落ちてカロリーも低くなります。

うなぎの白焼きの方がカロリーが高い理由はその調理法にありました。



☆関連記事☆