アオテうなぎとはどんな種類のうなぎ?【20匹に1匹と言われる貴重なうなぎ】

アオテうなぎとはどんな種類のうなぎ?


アオテうなぎ

アオテうなぎとは、背中が青く、お腹が白いのが特徴です。
そして普通のうなぎとは違い何とも言えない柔らかな感触があります。

アオテうなぎはうなぎ職人が“アオテ”と呼ぶ、うなぎの中でも上質のうなぎです。
肉質が柔らかく、うなぎ本来の美味しさを味わえるものを“アオテ”と呼んでいます。

ただ、そんな貴重な“アオテうなぎ”が出る確率はなんと20匹に1匹と言われています。
アオテうなぎは、なかなか普通の人では出会うことのできないとても希少なうなぎです。


通常うなぎは、大きさによって選別することはあっても、
品質別に選別することはほとんどありません。

なので、一般に流通されるうなぎには“アオテうなぎ”と
それ以外のうなぎが混ざっています。


さらに、うなぎの蒲焼の状態にまでなってしまうと、そのうなぎが
“アオテうなぎ”だったかどうかの判断は難しく、“アオテうなぎ”を
実際に食する機会はあまり多くないのが現実です。

アオテうなぎは、職人が一匹一匹丁寧にうなぎの色と感触を確認することで、
貴重な“アオテ”うなぎだけを選別することができます。

アオテうなぎとは柔らかな肉質と上品な脂を併せ持った極上のうなぎなのです。



アオテうなぎは身は柔らかく、口の中でホロホロ溶けていく


上質なうなぎ

上質なアオテうなぎは箸でつかめばその肉質の良さが分かります。

艶のあるアオテうなぎの身を箸だけでサッと割くと、
そこから漂う香ばしく芳醇な香りがたまらなく食欲をそそります。


上質なアオテうなぎを一口食べると、ふっくらとした柔らかな身の中に
上質な脂が閉じ込められていて、口の中でホロホロと溶けていくような
食感を味わうことができます。

また、柔らかさの中にもしっかりもっちりとしたうなぎ独特の弾力のある
歯ごたえがあり、うなぎ本来の美味しさも楽しむことができます。



上質なアオテうなぎを実際に食べてみると。


国産うなぎ

アオテうなぎは箸で身を割るというより、
箸の先で身を押さえただけでほどけてゆきます。

これほどまでに身が柔らかくて、しかもふっくらとした
うなぎは普通ではなかなかお目にかかれないと思います。


そしてアオテうなぎの身を口の中に入れると、橋でつかんだ時の
柔らかな印象から一転してもっちりとしたうなぎ独特の弾力があり、
噛むたびに濃厚なうなぎの旨味が口の中いっぱいに広がりました。

またアオテうなぎは大きなサイズの物でも気になる小骨などは
全くありませんので安心して食べられます。



まとめ


一番気になるアオテうなぎのお値段ですが、
普通のうなぎ蒲焼きのお値段と比較してもそれほど変わりはなく
一般の方でも十分入手可能なお値段だと思います。

自分で食べる為の物だけではなく、毎年恒例の知人や友人へのギフトとしても
安心して利用できると思います。




【関連記事】