うなぎの美味しい時期はいつ頃?

うなぎの美味しい時期はいつ頃?


rapture_20200315074105.jpg

土用の丑の日にうなぎを食べることは日本ではすっかり定着していますが、ではうなぎの美味しい時期は夏なのかと言いますと実は違いまして、結論から言ってしまいますと天然うなぎの一番脂がのった美味しい時期は、冬眠に入る前の秋から冬にかけてです。今回は天然うなぎと養殖うなぎの美味しい時期ついて詳しくご説明いたします



天然うなぎと養殖うなぎでは美味しい時期が違う


天然うなぎは、5月頃から獲れ始めて、冬眠に入る12月には漁が終了します。天然うなぎの一番脂がのった美味しい時期は実は夏ではなく秋から冬にかけての時期です。

天然うなぎは水温が下がり始める10月頃から冬眠に備えて体に栄養を蓄えるので身に脂が乗って非常に美味しいです。また、川や湖で数年かけて成長し、産卵のために川を下ってくる「下りうなぎ」も非常に美味しいとされています。



うなぎの美味しい時期は夏ではない?


rapture_20200315074400.jpg

天然うなぎは夏は、まだ脂が乗っておらず、天然物は夏が美味しい時期ではありません。大昔、暑さで人の食欲が落ちるので、江戸時代までは夏場は鰻の売り上げが落ちていました。そこでうなぎ屋から相談を受けた平賀源内が、「本日、土用の丑の日」と書いて張り紙をしたところ大繁盛したと言われています。

うなぎはスタミナ食として知られ、夏に食べるのは理にかなってはいるのですが、天然うなぎの美味しい時期は夏ではないのです。養殖のうなぎは一年中温度管理された場所で育てられていますので時期というものがなく一年中美味しいうなぎが食べられます。



まとめ


うなぎが獲れる時期は全国的には5月から12月ころまでですが、水温の関係などで地域によって若干の差があります。関東の利根川では5月から11月初旬ですが、四万十川では春から秋にかけてと、ほかの河川より時期はやや長めです。木曽川では、梅雨時から九月ころまで。北海道と沖縄では、うなぎは獲れません。



【関連記事】