うなぎの栄養が夏バテ予防に効果的な理由

うなぎの栄養が夏バテ予防に効果的な理由

うなぎのカロリーや栄養素

夏バテの時にはうなぎを食べると良いとか、うなぎを食べるとスタミナがつくと
よく言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

万葉集に夏痩せの友人にうなぎを勧める和歌があります。

うなぎは昔から体に良い食べ物とされていて、料理というより滋養強壮のための
薬膳として利用されていたようです。


この記事ではうなぎの栄養価とビタミンから知られざるうなぎパワーの秘密や、
夏バテにうなぎが効果的な理由などを解説していきたいと思います。

まず知らなければいけないのは、なぜ夏バテは起こるのでしょうか?
夏バテが起こる理由とその症状を見ていきましょう。



〈夏バテが起こる理由〉


rapture_20191103073058.jpg

日常生活から考えられる夏バテの原因を簡単にまとめてみますと以下のようになります。


1:室内と外の温度差による自律神経の乱れ

非常に暑い屋外から、エアコンで冷えた室内に行ったり来たりすると急激な温度差で体力は消耗し、
夏バテの原因になると言われてます。

またクーラーの効きすぎた部屋でずっと生活していると、ストレスから自律神経がうまく働かなくなります。
加自律神経の変調から胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を招き、夏バテを引き起こします。


2:高温&湿度の高いの環境による発汗の異常

高温や湿度の高い環境に長くいると、汗の出口周辺が詰まってしまい、発汗が困難になることがあります。
その結果、体温調節がうまくいかなくなります。

また、長い間直射日光の下にいると汗が過剰にでて、体内に水分が不足し、夏バテを引き起こします。


3:夜間の高温による睡眠不足

夏の夜間も温度が下がりにくい現代では、熱帯夜によって寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって
睡眠不足に陥ることがあります。

睡眠不足に陥ると日中の疲労をなかなか回復することができず、疲れが溜まってしまい夏バテを引き起こします。




夏バテの症状


1:体のだるさと疲労感

夏バテからくる代表的な症状は、全身のだるさと疲労感です。夏バテになると体がだるく、
疲れが取れにくい日が続きます。

また、暑さによって睡眠不足になり、さらにだるさや疲労感が増すという悪循環に陥ることもあります。


2:食欲不振

自律神経の不調になると消化器の機能も低下し、食欲不振に陥り、体に必要なエネルギーやビタミンの
不足を招くことがあります。

それによって、体にだるさや疲労感が増したり、無気力が増幅します。



夏バテにうなぎが効果的な理由


うなぎの白焼き

夏バテ防止に良いとされる定番食といえば「うなぎ」ですが、
土用の丑の日にうなぎを食べることは有名です。

うなぎはビタミンが豊富でとても栄養価の高い、優れた食品です。

「うなぎを食べるとスタミナがつく」

と土用の丑の日に関係なく、滋養強壮にとうなぎを食べる人もいます。

うなぎはスタミナ食と言われていますが、栄養価的に見てみますと、
確かにうなぎには体に良いとされる栄養がたくさん含まれています。



うなぎの栄養とビタミンの解説


うなぎは夏バテ防止に効果的な栄養素を多く含んでいますが、その他にも身体に
大切な栄養素や美容にも良いコラーゲンなども豊富に含んでいます。

ここでは、うなぎに含まれる主な栄養素を解説していきます。


■〈ビタミンA〉

うなぎには、ビタミンAが豊富に含まれています。

ビタミンAは、「目のビタミン」と呼ばれるほど視力に非常に関係が深く、
欠乏すると目の障害を起こしたり、抵抗力が低下し病気にかかりやすくなったりします。

うなぎにはビタミンAが、豚肉や牛肉の約10倍も含まれているといわれています。

うなぎ100g中のビタミンAの含有量はチーズの約4倍、たまごの約6倍あり、
一日に必要なビタミンAはうなぎの蒲焼一人前で十分まかなえます。

ビタミン剤が無い頃は視力回復の為に、うなぎの胆を食べる人も多かったとか。


■〈ビタミンB群〉

ビタミンB群ではビタミンB1、B2が豊富です。

ビタミンB1は疲労回復に効果があるといわれ、ビタミンB2は口内炎や髪、爪、皮膚など
粘膜系の健康維持に効果的といわれています。

また、ビタミンB群は、疲労物質の生成を抑えて疲れに強い体を作ります。

ビタミンB1、B2それぞれ糖と脂質をエネルギーに変えるときに必要となるビタミンですが、
夏場汗をかくと、ビタミンB1が不足しやすくなります。

ビタミンB1が体内に不足すると血液の中に乳酸が増え、疲労やイライラといった症状が
起こりやすくなります。

うなぎには、牛乳の25倍、ほうれん草の10倍のビタミンB1が含まれていると言われています。
昔からうなぎがスタミナ食と言われる理由は、ビタミンB群が豊富だからです。


■〈ビタミンD〉

ビタミンDはカルシウムの吸収率を約20倍に上げる効果があり、強い抗酸化作用を持っています。
また、うなぎにはカルシウムも豊富に含まれていますのでまさに一石二鳥です。


■〈ビタミンE〉

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、細胞の老化を防止する働きがあるといわれています。
老化を防ぎ、美しい肌を作る働きがあり、コレステロールを抑え、血液の流れをよくする働きがあります。


■〈DHA・EPA〉

EPHやDHAには、コレステロール値を低下させる効果があり、脳梗塞や心筋梗塞を予防し、
血管の中の悪玉コレステロールを減少させる効果があるといわれています。


■〈亜鉛〉

亜鉛は細胞分裂や新陳代謝に必要となる栄養素で、美肌や髪の毛のを作るのに非常に重要なミネラルです。
また、亜鉛はカルシウムを脳へ運ぶのを助ける働きもあり、精神の安定にも役立つ栄養素です。


■〈漢方では〉

漢方の世界では、うなぎは滋養強壮に効く食材として知られています。

うなぎは東洋医学では、

「内臓の強化・消化不良・体の湿を取り除き、気を補う作用がある」

とされています。

うなぎを食べるとスタミナがつくというのは理にかなっているのは本当のようです。
夏バテで体力が低下している時にうなぎを食べると、必要な栄養をしっかり補給してくれますね。



まとめ


うなぎは、ビタミンA、B1、B2、D、E、DHA・EPA、 ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)など、
身体にとても重要な栄養素が非常に多く含まれています。

うなぎは身体の免疫力を高め、スタミナを付ける為に非常に重要な食べ物です。
まさに夏バテ防止には最適な健康食なのです。




【関連記事】