うなぎに含まれる栄養やカロリーについて解説!【うなぎは美容にも効果アリ!】

うなぎに含まれる栄養やカロリーについて解説

rapture_20191122093149.jpg

うなぎはとても脂がのっていてジューシーで美味しい魚です!
おめでたい日などに食べることが多いうなぎですが、気になるのはカロリーです。

もしダイエットを心掛けているのであれば、うなぎの食べ過ぎは禁物です。
今回はうなぎのカロリーや栄養などについて見ていきたいと思います。



うなぎのカロリーについて


まず、うなぎのカロリーですが、結論から言ってしまいますと、
100gあたり250~300キロカロリーほどとなります。

白米は100gあたり約350キロカロリー程ありますので、白米と比べると
うなぎはカロリーは低いめですが、それでも低カロリーとは言えません。

うなぎは100gあたり脂肪分を20g程度持っていますので、
カロリーはどうしても気になってしまいます。


うなぎは美容に良い食べ物と言われていますが、しかし、ダイエットには
不向きな食べ物で、ダイエット中はうなぎを少し食べただけでカロリーオーバーに
なってしまう可能性があります。

うなぎのカロリーは100gあたり250~300キロカロリーですので、うなぎ一切れは
約150gありますので、大体370~450キロカロリー程度は取ることになります。



うなぎの蒲焼きのカロリーはどれくらい?


rapture_20191122093421.jpg

うなぎのカロリーについて少し先述しましたが、
うなぎはそのまま焼いて食べるよりも、蒲焼きで食べることが多いと思います。

甘いタレがついている蒲焼きは、糖質も上がってカロリーがその分高そうな
イメージがあるかもしれませんが、実は蒲焼きのカロリーは300キロカロリー程度。

うなぎを焼いている中で脂肪分も多少落ちますので、その分カロリーは上がらないのです。



うなぎの白焼きのカロリーはどれくらい?


rapture_20191122093747.jpg

うなぎの蒲焼きに対して、そのまま焼いたものを「白焼き」と言います。

イメージ的には白焼きの方が蒲焼よりカロリーが低そうに思いますが、
実はあまり変わらず、100gあたり300キロカロリー程度となります。



うなぎの蒲焼きの美味しい調理方法&カロリーを抑える方法


うなぎを買ってきて蒲焼きを温める場合、少し料理酒をふってから、
電子レンジ1分程度温めるとふっくらと美味しく仕上がります。

また、その際は皮の部分を下にして行いましょう。


よくお店でやっているようなうなぎを串に刺して焼くやり方をすれば、
油が落ちてカロリーダウンに繋がりますし、香ばしい香りも楽しめます。

ダイエット中の方は是非試してみて下さい。



うなぎの栄養について



■うなぎはビタミンが豊富

うなぎはスタミナがつく食べ物というイメージがあるかと思いますが、
実はいろいろな栄養素がたくさん含まれています。

ビタミンAをはじめとし、D、E、B1、B2、B6、B12といった
効果の高いビタミンがうなぎには豊富に含まれています。

これらの栄養を摂取することで代謝が良くなり、体の調子が良くなることから
夏にうなぎを食べるのは間違いではないと言えます。


■うなぎはミネラルも豊富

うなぎにはビタミンだけではなく、ミネラルも豊富にふくまれており、
カリウムやカルシウム、鉄や銅といった成分も多数含まれています。

女性は鉄分が不足しがちですので、うなぎはオススメの魚と言えます。

また、うなぎにはたんぱく質も豊富に含まれていますので、
筋力トレーニングをした後にも非常に適しています。

うなぎの脂肪に関しては不飽和脂肪酸が沢山含まれていますので、
多少カロリーは気になりますが良質な油を摂取することが出来ます。



まとめ


今回は、うなぎのカロリーやうなぎに含まれる栄養素を見ていきました。

うなぎの栄養、カロリーについて知ったことで、今日の夜にでも
うなぎを食べたくなった方もいるのではないでしょうか。

うなぎの食べ過ぎには注意が必要ありますが、健康にはとても良いので、
いろいろな食材と合わせてバランス良く食べると良いと思います!




【関連記事】