うなぎの白焼きの調理法【うなぎ本来の旨味が堪能できる!】

うなぎの白焼きの調理法

rapture_20191205071803.jpg

うなぎの調理法といえばうなぎの蒲焼きがよく知られていますが、
しかし、うなぎを美味しく食べる調理法はそれだけではありません。

その中でも特にうなぎ本来の味を楽しむことができる調理法がうなぎ白焼きです。
うなぎの名産地として名高い浜名湖の周辺ではこの調理法がポピュラーだといわれています。



うなぎの白焼きと蒲焼の調理法違い


うなぎの白焼きとは蒲焼きと違い、うなぎを炭火でそのまま焼いて食べる調理法です。
うなぎの蒲焼きとの最大の違いはタレを使用しないことです。

うなぎの蒲焼きはタレの味を大きく左右することになりますが、
白焼きの場合はうなぎ本来のうまみを味わう食べ方です。

うなぎの白焼きは焼いた後そのまま何もつけずに食べてもおいしいのですが、
わさび醬油やショウガ、大根おろしなどをつけて食べると最高です。


うなぎの白焼きという名称は、素焼きにすると白い身の状態で仕上がるからです。
蒲焼きしか食べたことがない人にとっては、うなぎの白焼きは少し驚く方もいると思います。

うなぎの白焼きは焼き具合もさることながら、素材により出来栄えに大きく差がでます。
それだけに名産地など、うなぎが身近にあるところにしか普及していない部分もあります。

ただ、うなぎの蒲焼きだけでうなぎを味わいつくした気分になるのは
ちょっともったいないと思います。

一度ご家庭でもうなぎの白焼きを調理するのは簡単ですので、
是非試してみてはいかがでしょうか!



うなぎの白焼きはうなぎそのものの旨味を堪能できる


夏場になるとうなぎを食べる方も多いのではないかと思います。
うなぎを蒲焼にして、たれの風味と一緒に堪能するのも醍醐味といえます。

しかし一方で、うなぎ本来のうまみを堪能したいという方もいると思います。
その場合には、うなぎの白焼きという調理法をお勧めします。


うなぎの白焼きは、ご飯と一緒に食べるのももちろんいいでしょうし、
お酒を飲まれる方にとっては、お酒のおつまみとしても抜群の料理といえます。

特にうなぎの白焼きは、ビールや酒などのおつまみにはとてもに合います。

夏場などに冷たいお酒やビールと一緒にうなぎの白焼きを頂くというのも、
非常にオススメの食べ方ではないかと個人的には思います。


うなぎの白焼きは場合、余計な調理をしません。


うなぎの白焼きはうなぎを焼いて、ワサビ醬油などを使って頂く料理です。
このため、うなぎの良し悪しが料理の味を決める調理法とも言えます。

また、うなぎの白焼きを購入するときには、うなぎにはこだわってみる事をオススメします!

最近ではデパートの地下食品売り場などでも簡単に手に入ります。
そのようなお店の中にも、うなぎにこだわっているお店は結構あります。

うなぎの白焼きはご家庭でも簡単に調理できますので是非試してみて下さい!



まとめ


うなぎというと、浜名湖が有名かと思われます。
上質なうなぎを厳選して、うなぎの白焼きにして出しているお店もあります。

お店によっては地下水を使って調理をしているところもあり、身が引き締まって、
うまみが凝縮しているような上品なうなぎの白焼きもあります。

しかし、うなぎというと、少し臭みがあって苦手という人もいるでしょう。

しっかりとうなぎの身を引き締めることで、独特の臭みが解消され、
だれでも美味しく食べられるような上質なうなぎの白焼きが出来上がります。





【関連記事】