うなぎの白焼きの美味しい温め方【ご家庭でお店の味を再現!】

うなぎの白焼きの美味しい温め方


rapture_20191210100311.jpg

土用の丑の日には何故かうなぎが食べたくなる気分になる方も多いと思いますが、
一般的にはうなぎの蒲焼きを食べる人が多いのではないかと思います。

しかし、「うなぎの白焼き」というのも皆さんには
あまり馴染がないかと思われますが非常にが美味しいのです。

うなぎの白焼きは、あまり馴染みがないので温め方や食べ方が
よくわかりませんという方の為に、今回はうなぎの白焼きの美味しい
温め方について解説していきたいと思います。


うなぎの白焼きの温め方


うなぎの白焼きとは簡単に言ってしまうとうなぎの素焼きのことですが、
しかし、単なる焼き魚とは違います。

一般的にうなぎというと蒲焼のイメージが強いですが、うなぎ本来の味を楽しむなら
うなぎの白焼きの方が良いと言われています。


ここからは、うなぎの白焼きの温め方を紹介します。



うなぎの白焼きを電子レンジで温める場合


炭で焼く美味しさにはかないませんが、急いでいて時間がない場合は、
電子レンジで温めるのが一番手軽なやり方です。


■温め方

・うなぎの蒲焼と同じようにうなぎの白焼きをお皿に乗せて、
ラップはせずで電子レンジ( 500w)で約1分30秒ほど温めます。

・うなぎの表面から油が出てきたら完成です。



うなぎの白焼きをオーブンで温める場合


うなぎの白焼きの表面をパリッと美味しく仕上げたい場合は、
オーブンで温めるやり方がおすすめです。

まず、うなぎの白焼きをサラダ油を薄く塗ったアルミホイルで
軽く包み込みオーブンの中に入れます。

うなぎに焼き色をつけたい場合は、アルミを包み込まず下にひき、
狐色になるくらいになるまで温めたら完成です。



うなぎの白焼きをフライパンで温める場合


まず、うなぎの白焼きに日本酒または料理酒等を軽くふりかけ、
サラダ油を薄く塗ったアルミホイルに皮が下になるようにのせて、弱火で加熱します。

うなぎの表面に脂が出てきたら裏返し、身の方も過熱して出来上がりです。



うなぎの白焼きをグリルで温める場合


うなぎをグリルで炙ったものが炭で焼く以外には最も香ばしく
そして美味しく仕上がるので個人的にはこのやり方が非常におすすめです。

グリルで温める場合はフライパンで温める場合とうなぎの置き方が逆になります。

うなぎの白焼に日本酒または料理酒等を軽くふりかけ、サラダ油を薄く塗った
アルミホイルに皮が上になるようにのせ、弱火で炙ります。

表面に脂が出てきたら裏返し、皮の方も軽く炙って完成です。



うなぎの白焼きを蒸し器で温める場合


まず、うなぎの白焼を30秒ほど熱湯に浸して、蒸し器で約5位蒸します。

うなぎを熱湯に浸すだけでも大丈夫なのですが、蒸すとより柔らかく美味しくなります。
仕上げに中火で身の方を炙り、油分が表面に出てきたら完成です。



まとめ


うなぎの蒲焼、うなぎの白焼き共に直火で暖めていただくのが
やはり一番美味しく召し上がれます。

焼きあがった白焼きは、わさび醤油、塩、レモン、紅葉おろしやポン酢などを
お好みで付けて召し上がってください。




【関連記事】