うなぎの白焼きの美味しい食べ方【冷凍うなぎも美味しくいただけます!】

うなぎの白焼きの美味しい食べ方


rapture_20191210101213.jpg

うなぎの白焼きとはいわゆる「うなぎの素焼き」のことを言います。
うなぎに蒲焼のタレを付けて焼く前の段階のものです。

うなぎ本来の味を楽しむならやはりうなぎの白焼きが一番ではないかと個人的には思います。
素材本来の味を楽しむ事ができるのはうなぎの白焼きだとおっしゃる方もたくさんいます。


しかし、うなぎの白焼きにの食べ方について

「どうやって食べるの?」という方もいらっしゃるかと思いますので、
今回はお手軽な順にうなぎの白焼きの美味しい食べ方をご紹介します。



うなぎの白焼きを電子レンジで温める場合


うなぎの白焼きを電子レンジ温める場合、まずあらかじめ解凍します。
添付の調味料がある場合は、あらかじめ取り外しておきましょう。

うなぎの袋の切り口に切れ目を入れ、お皿にのせてそのまま
45秒~1分温めれば出来上がりです。

これだけでもうなぎの白焼きを十分美味しく食べることができます。



うなぎの白焼きをお湯で温める場合


添付の調味料がある場合は、あらかじめ取り外します。
うなぎの白焼きを真空パックのまま熱湯に入れて5分間温めてください。

温めたうなぎの白焼きをはわさび醤油やしょうが醤油、ぽん酢、
塩をかけて食べると美味しく頂けます。

うなぎの蒲焼とは違ううなぎの白焼きを独特のふっくらとした
格別の風味がお楽しみいただけます。


うなぎの素材本来の味を楽しむ事ができるのがこの「うなぎの白焼き」ですが、
このまま食べると少々生臭いと思われる方もおられるかと思います。



うなぎの白焼きをフライパンで温める場合


うなぎの白焼きに日本酒、料理酒等を軽くふりかけ、サラダ油を薄く塗った
アルミホイルに皮が下になるようにのせ、弱火で加熱します。

うなぎの白焼きの表面に脂がブツブツと出てきたら裏返し、
身の方も過熱すれば完成です。



うなぎの白焼きをグリルで温める場合


うなぎの白焼きをグリルで温める場合はフライパンの時とは
うなぎの置き方が逆になります。

うなぎの白焼きに日本酒、料理酒等を軽くふりかけ、サラダ油を薄く塗った
アルミホイルに皮が上になるようにのせ、弱火で炙ります。

表面に脂がブツブツと出てきたら裏返し、身の方も軽く炙って完成です。


うなぎの白焼きの温め方は、いろいろあることがお分かりいただけましたと
思いますが、個人的には、グリルで炙ったものが最も香ばしくてお勧めで、
とても美味しく食べられます。

温めたうなぎの白焼きはお好みの薬味でお召し上がりください。



うなぎの白焼きに合うオススメの調味料を紹介


■うなぎの白焼きをわさび醤油で食べる

うなぎの白焼きの旨みを引き出す定番の調味料といえばわさび醤油だと思います。
この食べ方はうなぎの素材の美味しさを際立たせ、あっさりと召し上がる事ができます。


■うなぎの白焼きをあら塩で食べる

うなぎの白焼きを食べる際に、うなぎ本来の素材の味を楽しむなら、
やはりあら塩をつける食べ方のがとても上品でおすすめです。

焼きたてのうなぎの白焼きにあら塩をさっと振り掛けると
うなぎの白焼きの脂とあら塩がマッチして絶品です。


■うなぎの白焼きをポン酢醤油で食べる

ポン酢はうなぎの白焼きの味を上手く引き立たせてくれる食べ方です。
とてもあっさりとした食べ方なので、脂っこい物が苦手な方でも美味しく食べられます。

お好みでポン酢にもみじおろしを入れる食べ方も非常にオススメですので
是非試してみて下さい。


■うなぎの白焼きをしょうが醤油で食べる

お肉でもお魚でも、しょうが醤油は非常によく合います。
うなぎの白焼きの美味しい食べ方としてもオススメできます!

しょうが醤油はうなぎの白焼きの味を引き立たせてくれる調味料で
しょうが醤油はオススメの食べ方の一つです。



まとめ


調理法次第で冷凍うなぎも非常に美味しく食べられます!

敬遠してしまいがちな冷凍うなぎですが、調理法次第では焼きたての味や
香ばしさ、ふっくら感を再現することもできます。

これらの方法を試すことで、お店でうなぎを食べる以外にも、冷凍うなぎを
自宅で調理して美味しく食べるという考え方も広がるのではないでしょうか?

もっともっと多くの方に美味しい食べ方を知っていただいて、
うなぎを楽しんでいただければと思います!



【関連記事】