うなぎの蒲焼の美味しいタレの作り方【超本格的な味が自分でも作れる】

うなぎの蒲焼の美味しいタレの作り方

rapture_20191026114103.jpg

自分でもできる!超本格的なうなぎのタレの作り方のご紹介したいと思います。

「美味しいうな重が食べたい」と思ったときあなたはどうしますか?

お店に行って食べるか、スーパーなどで買って食べるか、
または自分で作るかだと思います。

うなぎを購入すると付いてくるうなぎのタレ、市販の物はちょっと量が少なめで
足りない感じがあります。

しかし、うなぎのタレは自分でも簡単に作れるのでご安心を!
タレはうなぎの他、いわしの蒲焼などにもよく合いますので、ぜひ試してみてください!

調理時間:約10分
費用目安:100円前後


材料(2人前)

しょうゆ:大さじ3

みりん:大さじ3

料理酒:大さじ1.5

砂糖:大さじ1.5

手に入れば、鰻の頭や骨適量


調理法

①、みりんと酒を混ぜ合わせ強火で沸騰させる
(煮切ることによってアルコール分を飛ばします。)
※頭や骨はよく焼きこんで、ここで入れておきます

⓶、①に砂糖をいれて溶かします。

③、⓶に濃い口醤油を混ぜて再度沸騰させる。

④、弱火で15分~20分程煮詰めます。
※時間を長くすると味が濃厚になります

⑤、あくを取り除き、ろ過して、素早く冷却します。
※味を甘めにしたい場合は砂糖を入れて調整


もっと簡単に、自分秘伝のタレを作りたい、そんな時は?


rapture_20200521021202.jpg

醤油とみりんを同量混ぜるだけでも、実は立派なたれができます。
これがタレ基本です。

甘味が足りなければ、加熱しながら酒と砂糖を少しずつ加えて
自分なりに丁度いいところ調整すれば、自分秘伝のタレが簡単に作れます。

あらかじめ材料の重さを量っておいて、どの材料をどれだけ使ったか書いておけば、
自分秘伝のタレをいつでも作ることができちゃいます。

これであなたも、いつでも美味しいうなぎが食べられますね!
自分で作った秘伝のタレは冷蔵庫で保管しておけばいつでも使えます。



【ブログランキング】



【関連記事】